« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »

2022年6月

2022年6月30日 (木)

モーターショーほぼそのままの外観――日産アリア

TVK「クルマでいこう!」日産アリア。160kW。66kWh。試乗車はFF。車幅1850mm、車高1655mm、車重1920kg。最小回転半径5.4m。安全性評価はよくできました。電費5.5km/kWh。推定航続距離363km。リヤシート膝前ゲンコツ4.5個。頭上2個。BEVのクロスオーバーSUV。プロパイロット2.0。EV専用のプラットフォーム。トルク感あり。不整な路面だと揺さぶられ感。上り勾配も余裕。荒れた路面では上手くいなしている。デザインは東京モーターショーほとんどそのまま。未来を感じさせるデザイン。EVだと室内がフラットにできる。リーフは一台も燃えていない。4WDは二つのモーターを別々に制御できる。やや窮屈なドライビングポジション。AC100Vのコンセントが設定されていない。

| | コメント (0)

2022年6月26日 (日)

検索エンジン的には価値が低いが、しかし面白い記事を検索するサービス――ニフティでつくってほしいサービス(お題記事)その3

ニフティに作って欲しい新しいサービス、ココログをベースにしてですが、一般的な検索エンジン的には価値の低い、しかし面白い記事を検索する機能です。現代ならAIを活用すればできなくもないのではと考えます。

Googleなどの検索エンジンが権威性、専門性などを重視する様になった結果、ネットサーフィンがつまらなくなったという声が多々ありますので、逆転の発想でいってみました。

私の好みで言うと、「庶民の何気ない日常」を検索して閲覧するです。日常のちょっとしたことに感性がキラリと光るような文章を探せないかというような問いかけです。感性をAIに判断させるのは困難かもしれませんが。

ココログが2003年にスタートした際、一般人の日常を書いた日記を読むのが楽しかった記憶があります。cocodokoというサービスだったと記憶していますが、ランダムブログ機能がありました。その後そのサービスは終了してしまいました。要望を出してランダムブログ的な機能を実装してもらったのですが、クロスサイトスクリプティングで引っかかるらしくすぐに撤回されてしまいました。

そういった記憶がありますので、検索エンジン的には価値が低いが面白い記事を効率的に見つけるサービスがあったらなあと思った次第です。

現在では日常のちょっとしたことはSNSに書くようになっているかもしれません。ですが、SNSの投稿はタイムライン上をすぐに移ろってしまいます。ブログの方が保存性が高いのです。埋もれている良記事はあるはずです。

何が「面白い」かには人それぞれの定義があるでしょう。人によってはかつての「侍魂」みたいなネタで笑わせる記事かもしれませんし、デイリーポータルZ的なユニークな切り口の方向性を考える人もいるかもしれません。

一般的な検索エンジンでは見つけられない面白い記事を発掘できたら、ブログ界隈へのカンフル剤になるでしょう。

以前はブログに特化した検索サービスがありました。実現可能であれば、まずココログからスタートし、順次他社のブログサービス、個人がWordPressなどで立ち上げたブログなどを対象にしていけばいいと思います。

クロールする対象をブログに限定するとしているのは商用サイトを除外するためです。極力、個人が手間暇をかけて書いた、でも検索では上位にヒットしない記事を拾って欲しいのです。

実際には色々と難しいとは思います。たとえば闘病記を読みたいというニーズは多々あるでしょうが、そこから怪しげなナンタラ療法を除外することは困難だと思います。リテラシーが要求されます。

とにかく「俺は個人の意見が読みたいんだよ」というニーズを今のGoogleは拾えなくなってきているようですので、提案してみました。

今個人の意見を知るならSNSかもしれません。しかしTwitterは長文には向いていませんし、Facebookは不特定多数の人には開かれていません。ブログの居場所はまだあると思います。

モチーフを抽出すると、

・AIによる感性の判定
・AIによる面白さの判定
・個人の意見の抽出を目的とした検索エンジン

……となるでしょうか。

ココログは「心」をモチーフとしていますので全くの無関連ではありません。

| | コメント (0)

2022年6月25日 (土)

現代的な水準の掲示板サービス――ニフティでつくってほしいサービス(お題記事)その2

新しいサービスというと、Redditの様な現代的水準の掲示板はどうでしょう。若年層を取り込める掲示板システムです。現在、日本で掲示板というと5チャンネルやYahoo掲示板などが挙げられるでしょうか。Yahooニュースのコメント欄も活発です。

5チャンネルはブラウザで閲覧するというより専用ブラウザ/アプリをインストールして閲覧する形となります。現在の技術ならブラウザで高度な機能を実装可能でしょう。

5チャンネルは匿名掲示板ですし、管理人が変わってから削除人が機能しなくなり荒らしが放置される脆弱な運営体制となっています。

掲示板自体はSNSに押されていますが、それは5ちゃんねるの悪い側面が忌避されただけかもしれません。巨大掲示板は巨大なタコツボ群にもなぞらえます。人の集まるところに情報は集まりますし、テキスト、写真、動画をカバーする現代の水準の掲示板があってもいいかもしれません。

何らかの基準(たとえばインプレッション数)で広告料の何割かをユーザーに還元すればモチベーションアップにもなります。

また、ユーザー毎にコメントを集約する逆タイムライン的な機能があってもいいかもしれません。その人の興味関心が浮かび上がってきます。

フォーラムを止めたのは会員同士の諍いを嫌気されたからかもしれません。それならいっそリモートホスト/IPアドレスも表示される様にすればいいのです。そうすると暴言の抑止になります。好まないユーザーのブロック機能もあるといいでしょう。

モデレーターの選定を如何にするかも重要でしょう。Redditでは板単位でモデレーターが存在します。モデレーターの思想信条によって板全体の基調がコントロールされてしまう、場合によっては偏向してしまう可能性もあります。

5ちゃんねる系の掲示板ではスレッド単位でモデレーターを設定しているようです。

スレッドの並び順は
・スレッドが立てられた日時順
・新規コメントがあった順
くらいでソートできるといいでしょうか

あるいは、かつてWinnyにあった掲示板機能も参考になります。P2P形式の掲示板です。

基底にあるのは、かつてのフォーラムがもしインターネットに開放されていれば有力なサービスとして残ったのではないかという思いです。

掲示板群はタコツボです。タコツボに籠もるのが良いのか悪いのか意見は様々だと思います。ネットでは異なる意見の人とは住み分ける傾向にあります。そういう点ではお互い棲み分けできる(そしてお互い参照できる)居場所を作るのも社会にとって必要かもしれません。

タイムライン式ではフォローしていない人の意見は見えません。その点で熟議の実現のためには掲示板形式の方が適当かと考えます。

5ちゃんねるのユーザーは高齢化しているとしばしば指摘されます。つまり若年層をSNSに取られているということです。現代的な水準の掲示板があれば、若年ユーザーを取り込むことも不可能ではないでしょう。

| | コメント (0)

2022年6月24日 (金)

ニフティでつくってほしいサービス(お題記事)

新サービスというと容易に思いつきませんが、ココログのトップページを改善して欲しいと願います。現在、トップページに表示されているのは「人気記事ランキング」と「人気ブログランキング」です。この二つのランキングには強い相関性があり、つまり人気ブログの記事が人気記事ランキングに載りやすいということです。結果、一部の特定のブログだけが延々とランキング上位を占拠してしまっているのです。一部の特定のブログだけが継続的に利益を得る形となってしまっているのです。参考までにそのブログの記事を幾つか読んでみましたが、それほど面白いとは思いませんでした。これは早急に改善されるべきだと思います。まだ新着記事の一覧の方が公平でマシです。

| | コメント (0)

ニフティ35周年によせて(お題記事)

私は90年代後半に義兄の勧めでパソコン通信、ニフティサーブを始めました。電子メールを使ってみたり、フォーラムのROMになったりとしました。当時使っていたのはアップルのパフォーマで、使用していたソフトは思い出せません。魔法のナイフ、象さん、ナスビRといったかすかな記憶があります。ダウンロードするテキストが読めなくもなかった時代でした。

その後、富士通のノートパソコンを買ってインターネットを始めました。プロバイダはニフティサーブを使っていた流れからInfowebを選択しました。ただ、当時はさほどインターネットを閲覧せず、ディレクトリサービスはあまり利用しなかった記憶があります。

今思うと、フォーラムをインターネットに開放していれば有力なサービスとなっていた可能性もあったかもしれないと考えています。その後、私は某匿名掲示板にのめり込んでしまいました(荒しや暴言を吐いたりはしていません)。

その後、ココログが2003年に始まったことで、HTMLの知識がなくとも誰でも情報が発信できる時代となりました。今はSNSが全盛でブログは低調になっていますが、長文を投稿できるメリットから継続して利用しています。

cocodokoだったか、ランダムブログで一般人が書いた何気ない日常を読むのが楽しかったのですが無くなってしまいました。その後、要望して類似の機能が実装されたのですが、クロスサイトスクリプティングで引っかかったらしく、すぐに撤回されてしまいました。

消えたサービスで惜しいなと思ったのはアバウトミーです。質問に答えていくとその人のプロフィールが浮かび上がる仕組みでした。

2021年までADSL回線を使っていたのですが、いよいよ光回線に乗り換えるとなりました。NTTの方からニフティに話を通してくれると勘違いして契約をニフティに伝えていませんでした。工事の当日、契約されていないことが分かり、慌ててサポートに電話、即対応してもらったという出来事もありました。

将来的に引っ越しでプロバイダ契約は解除する可能性が高いのですが、メールとココログがありますので、サービス自体は継続して利用するつもりです。

| | コメント (0)

2022年6月21日 (火)

ルノー初のフルハイブリッド――ルノー・アルカナ

TVK「クルマでいこう!」ルノー・アルカナ。1.6L直列4気筒エンジン&モーター。94PS+36kW+15kW。車幅1820mm、車高1580mm、車重1470kg。最小回転半径5.5m。安全性評価はよくできました。燃費17.5km/L。リヤシート膝前ゲンコツ3.5個。頭上2個。クーペSUV。E-TECHハイブリッド。フルハイブリッドシステム。ドグクラッチを使用。最低地上高200mm。都会的なクロスオーバーSUV。スムーズに走る。気持ちよく伸びる。ちょうどいい感じの腰の強さ。EV走行領域が広い。しっかりしたプラットフォーム。荒れた路面でもしっかりと受け止める。CセグメントのクーペSUV。ドイツのプレミアムブランドと類似のコンセプト。ヨーロッパでもインフラの構築が途上である。スムーズに変速される。ダイレクト感が気持ちいい。もう少しふんわりした乗り心地のバージョンも欲しい。インフォテイメント系が少し寂しい。

| | コメント (0)

2022年6月17日 (金)

サポート終了

Internet Explorerのサポートが終了した。僕は普段FirefoxとChromeを使っているのであまり影響は無かったが。Edgeは実家のノートパソコンで使っている。何でFirefoxを使っているかというと、ブックマークが使い易いから。

| | コメント (0)

2022年6月16日 (木)

12年ぶりの日本市場参入――ヒョンデ・アイオニック

TVK「#クルマでいこう!」ヒョンデ・アイオニック。225kW。試乗車はAWD。72.6kWh。車幅1890mm、車高1645mm、車重2100kg。最小回転半径5.99m。安全性評価はよくできました。燃費7.6km/kWh。推定航続距離552km。リヤシート膝前ゲンコツ5個。頭上1.5個。撤退から12年振りの上陸。ブラインドスポットビューモニター。E-GMPプラットホーム。燃料電池車ネッソと共に日本市場投入。荒れた路面では足回りが硬い。回生ブレーキが無い。ワンペダルドライブ。どっそりした安定感。デザインは各国でコンペしている。外部充電機能あり。右側にウィンカーレバーが付いている。快適な移動を提供。ADAS系の熟成度が不足。運転席にオットマンが付いている。整備に関しては協力店を設けている。

| | コメント (0)

2022年6月12日 (日)

抽選に外れる

午前中、松葉公園の防災訓練に参加する。消化器の操作、心臓マッサージ体験、消防が災害で来られない際の消化について解説された。抽選は当たらなかった。

横浜市都筑区・松葉公園・防災訓練
横浜市都筑区・松葉公園・防災訓練

| | コメント (0)

2022年6月11日 (土)

KindleでKENPを偽装

KDPサポートからメールが。僕の作品に対する読書活動(アンリミテッド)を偽装して利用しようとした動きが検知されたとのこと。おそらくKENPだろう。一日で1500KENPついた日があったから。

一冊当たり200ページしかないのに300KENPついていた。単独のユーザーの読書だと思うが、一日で読み切れる量ではなかった。売れてない本なのに何故狙われたのか。確認すると前月1500ほどあった数字が120ほどに修正されていた。

お客様の方でして頂くことはないとあるので、アカウントが乗っ取られた訳ではないようだ。そうするとKENP不正稼ぎの嫌疑を負わせてBANさせるといった流れだろうか。第二の如月事件だ。

| | コメント (0)

2022年6月 8日 (水)

意のままに操れる――スバルWRX S4

TVK「クルマでいこう!」二世代目スバルWRX S4。2.4L水平対向4気筒エンジン。275PS。CVT。車幅1825mm。車高1465mm。車重1600kg。最小回転半径5.6m。安全性評価はよくできました。燃費8.7km/L。リヤシート膝前ゲンコツ3個。頭上1個。国産スポーツセダン。アイサイトXで渋滞が苦にならない。電子制御ダンパー。日常的なシーンでは先代よりも高出力。固めた足回り。ドライでソリッドな乗り味。路面にタイヤをへばりつかせるようにして走る。意のままに操れる様に仕立てた。CVTの弱点を感じないCVT。ファミリーカーとして乗るなら家族の理解が必要。安心に乗って頂くのにもこだわっている。

| | コメント (0)

2022年6月 1日 (水)

フィアット初の量産BEV――フィアット500e

TVK「クルマでいこう!」フィアット500e。モーター87kW。FF。バッテリー容量42kWh。試乗車はオープン。車幅1685mm、車高1530mm、車重1360kg。最小回転半径5.1m。安全性評価はあとひといき。電費6.7km/kWh。推定航続距離281km。リヤシート膝前ゲンコツ1.5個。頭上2個。フィアット初の量産BEV。車種はハッチバックとカブリオレ。リース形式での販売。イタリアの伝統の革細工風のインテリア。モダンな乗り味。スペックから想像するよりも加速性が良い。荒れた路面でもフロアの剛性感が高い。BEVならではの低重心感。日本で累計5万8千台販売。新しい500を作ったという意識。これからの使命を果たすにはBEVでなければならなかった。価格はまだまだ高い。ガソリン車でもBEVでも500の魅力は普遍的。フルオープンだと後方の視認性が悪い。スローライフに合うBEV。

| | コメント (0)

« 2022年5月 | トップページ | 2022年7月 »