« サプライズ | トップページ | トントントン »

2006年5月17日 (水)

BBCの珍事

NHKニュースにバカ受けする。BBCでパソコンメーカーのアップルとレコードレーベルのアップル(ビートルズで有名)の商標権をめぐる裁判についてのニュースらしいのだが、BBCは何故か予定された専門家を人違いしてしまい、面接を受けにきた人をスタジオに招いてしまう。その人は面接だと勘違いしたらしいが、生中継がスタート、自分の置かれた立場に気づき、驚愕の表情を浮かべた。が、そこからがこの人の真骨頂で、落ち着いてインタビュアーの質問に無難な回答を繰り返す。ようやくBBCは人違いに気づいた次第であったというオチである。

いや、凄いアドリブだと思う。IT技術者の採用に応募したそうなので、知識はあったのだろう。しかし、気づいたら生中継のTVでインタビューを受ける立場におかれている。普通の人間ならここで動転してしまうだろう。いや、傍目には非常におかしなシチュエーションであった。この人、採用されるといいのだが。

|

« サプライズ | トップページ | トントントン »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サプライズ | トップページ | トントントン »