コンデジ

2024年3月30日 (土)

目を離した隙に

キタムラの中古STYLUS 1、買い物で目を離した隙に売れてしまった。残念。キタムラだと品質について安心感があるからその気になっていたのだけど。

| | コメント (0)

2024年3月25日 (月)

未だに美品があったとは

カメラのキタムラのネットショップを見る。オリンパスSTYLUS 1の美品が入荷予定となっている。いいなと思う。が、ズームレンジ的にはTX1と被ってしまうし使い心地を試すためだけに買うのも何だなと思い直す。

新品が売っていた当時も購入候補ではあったのだが、ワイド端がF2.8なのに二の足を踏んだ。小型センサーのコンデジだと夕方の撮影時は開放でも暗く写り後でレベル補正が必要だった。1型センサーのTX1でもその気はある。

| | コメント (0)

2024年2月20日 (火)

フルサイズが買える価格帯――富士フイルムX100Ⅵ

富士フイルムX100Ⅵが発表された。正確な価格は知らないが、円安もあってかなり値上がりしている。フルサイズと変わらない価格。ボディ内手ぶれ補正が搭載されたり動画機能が向上したりと性能アップしているのだが、それにしてもというところである。初代ってそんなに高価じゃなかったような記憶があるが。

| | コメント (0)

2024年2月17日 (土)

テスト撮影を行う

TX1で4K30P動画のテスト撮影を行う。3分ほどの動画で約2GBとなった。再生も特に問題なく行えた。なあんだという感じ。クロップされる問題があるので実際の撮影時にはよく確認しなければならないが、今まで数年間知らなかったという拍子抜け感。

| | コメント (0)

2024年2月11日 (日)

スマホと接続する

TX1、GX7mk2とスマホとの接続、Image Appを利用して一応できた。

| | コメント (0)

2024年2月 1日 (木)

パナソニックのコンデジではDFDのメリットが認知されていなかった

チャンプカメラとカメラのキタムラのネットショップを覗く。パナソニックのコンデジで検索すると新品のラインナップは無くなっていた。生産終了したのだろうか。TX2Dは最近のモデルだし単に在庫が欠品(入荷時期未定)ということかもしれない。

パナソニックのコンデジはコントラストAF+DFDだったので合焦速度に特に不満はなかった。そういう点では他社のコンデジに対して優位性もあったと思うのだが、ユーザーに認知されていなかった。

| | コメント (0)

2024年1月18日 (木)

高級コンデジが値上がり

各社とも高級コンデジの価格が値上がりしている。物価高による価格改定だろう。しかし、こうなるとミラーレスのそこそこいいモデルが買える価格帯に入ってきている。

| | コメント (0)

2024年1月 8日 (月)

中古デジカメはメモリーカードやバッテリーで金がかかるのだが

どこで読んだか忘れてたが、若者にフィルムカメラが人気だと言われているが、ここのところフィルムの価格が高騰し敷居が高くなっているという。そこで若者が目を付けたのが古いデジタルカメラ、特にCCDの機種がいいらしい……という書き込みを読んだ。

僕自身、一時期中古のコンデジを買ったが、大抵の場合、2007~2008年製のものまでしか遡れなかった。僕が買ったのはチャンプカメラやPCデポといった中古デジカメも扱うショップだったのだけど、他の入手ルートとしてヤフオクやメルカリなどもあるかもしれない。

あんまり古くなるとメモリーカードの規格の問題もあるし、バッテリーもへたっているだろうし、結局なんだかんだでお金がかかってしまう気もする。単3電池で稼働する機種ならいいかもしれない。

<追記>
キヤノンPowershot SX130ISあたりならいいかもしれない。CCD機だし単3電池で駆動するモデルだからバッテリーのへたりの心配をしなくていい。Powershotシリーズだからレンズも割といい。

| | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

CANON Powershot G16は当時としては優秀な動画機でもあった

このところ2016年8月に撮影したJR三江線の車窓の風景の動画をYouTubeにアップロードしていてようやく作業が終わったところである。

撮影機材はCANON Powershot SX130ISとPowershot G16を使った。

SX130ISはCCD機だったが、明け方に朝日に向かって江川を遡るルートをとるので強い逆光となりスミアがしばしば発生した。また、単3電池機でもあって、エネループを交換しながら動画を撮影しようと思っていたのだが、案に相違して電池がへたっていて「これは駄目だ」となって、急遽予備機としていたG16と交替することになった。

SX130ISではもう一つ思い違いをしていた。動画の形式がMOVで10分制限があったのである。駅間が10分を超える箇所があり、動画が途切れることとなった。

G16は1080P 60fpsで撮影可能な当時としては優秀な動画機でもあったのだが、確認するとなぜか720Pで撮影していた。後に残すにはできるだけ高い解像度で残すという鉄則を外してしまっていた。

当時のG16に対する認識は明るいレンズと裏面照射式CMOSを積んだ写真機だった。使える動画機として認識していなかったのである。動画撮影の経験の無さが現場で露呈してしまった。

過去に戻れるならG16のバッテリーをもう一個買って予備として撮影に臨むだろう。

| | コメント (0)

2023年7月21日 (金)

早渕川沿いを歩く 2023.07

家賃振込に行く。早渕川沿いに歩いてみるが、カルガモの親子はいなかった。
横浜市青葉区・庚申塔
横浜市青葉区・早渕川・カルガモ
パナソニックTX1で撮影。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧