書籍・雑誌

2024年2月11日 (日)

今回はistDs――しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ3月号を買う。しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」今回はPentax istDs。2004年発売のデジタル一眼レフ。普及機にも関わらずペンタプリズムを搭載している。単3電池駆動。これはK-50辺りまで可能だった。

やはり光学ファインダーの方がいいかなとも思い始めている。KPを所有しているのだけど、コロナ禍以降出番がなくなった。少しは使ってやらないといけないか。

| | コメント (0)

2024年1月 5日 (金)

今回は防水カメラ――しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ2月号を買う。しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」今回は防水カメラ。OM SYSTEMのTG-7が登場。僕も防水カメラは雨天時にいいかなと考えたことはあったが結局買っていない。屈曲光学系のデジカメは画質がよろしくないという印象があるが、今はどうなっているのだろう。

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

超広角レンズを買う――しろ「カメラ、はじめていいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ1月号を読む。しろ「カメラ、はじめていいですか?」今回は超広角レンズ。くたびれたOLのハルがオリンパス9-18mmF4.0-5.6を買う。僕も広角はパナソニック7-14mmF4を所有しているが、ほとんど出番はない。28㎜くらいで十分と思ってしまうのである。28㎜も散漫になりやすい画角ではあるのだが。

| | コメント (0)

2023年11月 1日 (水)

X-T30を買い取る

月刊ヤングキングアワーズ12月号を買う。しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」今回はミトがチサトから借りていたカメラボディを買い取るというお話。名実共に自分のものになった訳である。コラム欄は撒き餌レンズ。安価でコンパクトな単焦点レンズを指す。

| | コメント (0)

2023年10月11日 (水)

フルサイズが標準装備では……

幼稚園や保育園の園児たちを撮影するスクールフォトという仕事があるという電子書籍を読む。園児たちは日々成長するし、季節ごとのイベントもあるので仕事は途切れなくあるとのこと。驚かされたのは、フルサイズカメラが標準とのこと。室内の撮影は暗い場面もあるので暗所に強いフルサイズがいいとのこと。フルサイズに大三元を揃えたら100万円コースだ。

もう一冊の本を読む。ブライダルだと絶対に失敗が許されないので、フルサイズ二台体制となるとのこと。

| | コメント (0)

2023年10月 4日 (水)

新品は高校生には手が出せない価格帯に――しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ11月号を買う。しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」ミトが自分のカメラを持とうと検索するが、X-S20レンズキットが22万円、X-T5レンズキットが31万円と到底手が届かない。

フジはエントリーモデルを整理して高価格帯にシフトしてしまったから普通の高校生では手が届かない世界に入っている。で、中古をということになるのだけど、フジの機種は中古もそれなりの値段がし、結局買ったのはXC35mmF2.0という撒き餌レンズ……というお話。

マイクロフォーサーズだったらもう少し安価なモデルもあったのだけど、多分APS-Cにこだわったのだろう、プロでも使うから。で、フジを選定したら高価格帯にシフトしてしまったという話。

僕自身、ブログをはじめるという人にカメラを持ったらいいんじゃないですかとアドバイスしたいと思ったことがある。将来性を考えるとマイクロフォーサーズは若干不安なのでAPS-Cにとなるのだが、性能の上がった今だとダブルズームキットで15万円くらいしてしまうのである。

| | コメント (0)

2023年9月 5日 (火)

苔むす森林――「カメラ、はじめてもいいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ10月号を買う。「カメラ、はじめてもいいですか?」今回はミトとチサトが苔むす森林に撮影に来たものの降雨で屋内ひ避難……という話。コラムのアイテムは雨傘。

| | コメント (0)

2023年8月14日 (月)

ドラマはEマウントで撮影――カメラ、はじめてもいいですか?

月刊ヤングキングアワーズ9月号を買う・「カメラ、はじめてもいいですか?」今回はチサトの噂。持てる者もどこかで無理をしているかもしれない。他、ドラマ撮影現場見学記。ドラマはソニーEマウントで撮影されていた。

| | コメント (0)

2023年7月10日 (月)

ロケ地の相談――しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」

月刊ヤングキングアワーズ8月号を買う。しろ「カメラ、はじめてもいいですか?」今回はロケ地の相談。コラムはマイクロフォーサーズ。APS-C以上しか認めないポリシーかと思っていたので喜ばしい。

| | コメント (0)

2023年5月20日 (土)

αの雌伏――山中浩之『ソニー デジカメ戦記 もがいてつかんだ「弱者の戦略」』

山中浩之『ソニー デジカメ戦記 もがいてつかんだ「弱者の戦略」』を読む。石塚茂樹というソニーの副会長を務めたビジネスパーソンへのインタビュー記事。核となるのはレンズ一体型のサイバーショットとレンズ交換式のαシリーズについての語り。

昔のデジカメは今見ても挑戦的なデザインだと思う。今は結局のところオーソドックスなデザインに落ち着いている。

僕自身はミラーレスから一眼レフ併用に行ったのだけど、ミラーレスが一眼レフの性能を追い越すのには二十年くらいかかるかと思っていた。実際には10年くらいで追いついてしまったのだけど。

読んでみて、イノベーションのジレンマだなと思わされる。キヤノンとニコンは一眼レフとミラーレスの食い合いを恐れてミラーレスに及び腰だった。それでもキヤノンはソニーに食らいついているが、ニコンはミラーレスのシェアを大幅に落としている。Z9とZ8で盛り返しつつはあるが。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧