« 後半はゴッホ論――坂崎乙郎「絵とは何か」 | トップページ | 私と他者――高田明典『「私」のための現代思想』 »

2022年7月28日 (木)

大歳の火――モチーフ分析

◆あらすじ

 昔、出雲に長者の家があった。大歳の晩になった。この晩には昔から火を絶やしてはいけないことになっているので、下女や下男の中から一番年下の女中に火の番を命じて他の者は寝てしまった。女中は一生懸命寝ないようにして火の番をしていたが、昼間の疲れで眠たくなってうとうとしてしまった。気がつくと囲炉裏の火はすっかり消えていた。大切な大歳の火を消したことが分かったら大変だ。驚いた女中が辺りを見回すと向こうの山に火が見えた。女中は度胸がよいので夜中の真っ暗な中を独りその火のところへ歩いて行った。火を目当てに山の上へ登っていると、髪の真っ白な老人が一人で火を焚いていた。火をくれるように女中が頼むと、死んだ人と一緒ならあげると老人は言った。見ると火のほとりに亡者が横にしてあった。亡者と一緒でもいいから下さいと言って女中は火をもらい、亡者を背に引っかけて帰ってきた。そして亡者は庭先へ寝かせてむしろを掛けておいて火を焚きつけ夜が明けるまで一生懸命火の番をした。夜明けになって皆が起きてきた。番頭が女中をよく番をしたと褒めた。その内に皆が庭先にむしろの掛けてあるのを見つけて、これは何だろうという話になった。女中がそれを今めくってはいけないと言ったが、番頭が何気なしにめくると中からざあっと小判が出た。皆、びっくりした。それで女中が昨夜の話をすると旦那が出てきて、白髪の老人とは金の神さまだ。女中があまりに度胸がいいので今の通りになったのだろうと言った。そして女中を若旦那の奥さんにした。

◆モチーフ分析

・一番年下の女中に大歳の日の火の番が命じられる
・女中は疲労からついうとうとしてしまう
・気がつくと囲炉裏の火が消えてしまう
・山の向こうに火が見える
・女中、屋敷を出て山に向かう
・白髪の老人が火を焚いていた
・老人、亡者と一緒なら火をあげると言う
・女中、応じる
・女中、亡者を背負って火を屋敷に運ぶ
・亡者を庭におき、むしろを掛ける
・女中、火の番を終える
・他の者たち、起きてくる
・番頭、女中を褒める
・庭のむしろが皆の目に入る
・番頭がめくってみると小判の山だった
・女中、昨夜の経緯を話す
・旦那が出てきて、それは金の神だと言う
・女中、若旦那と結婚する

 一番年下の女中に大歳の日の火の<番>が<命令>される。女中、疲れから<まどろんで>しまい、気づいたときには火は<消えて>いた。山の向こうに火が<見えた>。女中、山に<向かう>。山では白髪の老人が火を<焚いて>いた。老人、亡者と一緒なら火を<やろう>と言う。女中、亡者を<背負って>屋敷に<帰還>する。亡者を庭に置き、むしろで<隠蔽>する。夜が明け、番頭が女中を<褒める>。番頭が庭のむしろをめくったところ、亡者じゃ小判の山に<変化>していた。女中、事情を<説明>する。それは金の神だとなり、女中、若旦那と<結婚>する。
 発想の飛躍は亡者が小判の山に変化することでしょうか。死体が小判に変化するのですが、こういう場合は死体化生型と呼ぶのでしょうか。

◆参考文献
・『日本の民話 34 石見篇』(大庭良美/編, 未来社, 1978)pp.116-118.

|

« 後半はゴッホ論――坂崎乙郎「絵とは何か」 | トップページ | 私と他者――高田明典『「私」のための現代思想』 »

昔話」カテゴリの記事