« 寝てしまう――ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』 | トップページ | えんこうの手紙――モチーフ分析 »

2022年6月26日 (日)

弥兵衛の天昇り――モチーフ分析

◆あらすじ

 天保時代に石橋弥兵衛という人がいた。ある日大風が吹いて屋根の藁が飛んだたので屋根へ上がって繕っていた。すると海から竜が上がってきて弥兵衛の背中を撫でた。弥兵衛は竜の尻尾をつかまえると、竜と一緒に天に昇った。天には雷の家があった。弥兵衛は雷の家で使ってもらうことになった。弥兵衛は拍子木を打とうとすると、うっかり雲の端を踏んでしまい、海に落ちた。海では竜宮に行った。竜宮で使ってもらうことになった。竜宮のお姫様の坊やの世話をすることになった。しかし、果物はとってはならないと言われる。あまりに旨そうなので一つ取ると漁師の罠にかかった。弥兵衛は漁師に釣り上げられた。弥兵衛の身体にはウロコが一杯ついていた。人魚かと漁師の家へ連れて帰られた弥兵衛だったが、見物人の中に隣の爺さんがいた。弥兵衛は爺さんに声をかけて助けられた。南無阿弥陀仏と念仏を唱えると身体のウロコが落ちた。

◆モチーフ分析

・弥兵衛という人がいた
・大風が吹いて屋根の補修に上がったところ、竜がやってきた
・竜のしっぽにつかまった弥兵衛は天に昇る
・天には雷の家があった。雷の家で下男として働くことになる
・拍子木を鳴らそうとしたら雲の切れ端で足を滑らせ落下してしまう
・海に落下する。竜宮にいき下男となる
・竜宮のお姫様の坊を隣村に連れて行く
・途中にある果物はとってはならないと言われていたが、つい取ってしまう
・果物は漁の罠で弥兵衛は海上に引き上げられてしまう
・弥兵衛の身体にはウロコが生えていた。見物人がやってくる
・見物人の中に隣の爺さんがいることに気づいて、事情を話して解放してもらう
・念仏を唱えると、ウロコが落ちる

 これは幾つものお話が解決されることなく連続するお話です。<大風>が吹いて屋根の<補修>に上った弥兵衛の前に竜が現れ、弥兵衛は竜の尻尾につかまって<昇天>します。そこには雷の家があり、雷の下男として働くことになりますが、雲の端から<落下>してしまいます。海に落ちた弥兵衛は次に竜宮に行きます。竜宮の姫様の坊の面倒をみることになった弥兵衛ですが、隣村にいく際に「果物をとってはならない」という禁止を<破り>果物を<とって>しまいます。すると果物は漁師の罠で、弥兵衛は海上へ引き上げられます。弥兵衛の身体にはウロコが生えており、人でないと認識されますが、隣の爺さんを見つけ、説明してもらうことで<解放>されます。ウロコは<念仏>を唱えることで落ちます。

 地上―天―海―地上と舞台は移り変わります。三つのお話が連続し、それぞれが解決しないままに次の物語に移行しますので、モチーフ素は<昇天><落下>禁止を破る、罠に捕まる、陸に引き上げられ、元の人間に戻るといった形で継起します。

◆参考文献
・『日本の民話 34 石見篇』(大庭良美/編, 未来社, 1978)pp.41-43.

|

« 寝てしまう――ゲキ×シネ『狐晴明九尾狩』 | トップページ | えんこうの手紙――モチーフ分析 »

昔話」カテゴリの記事