« 本当は怖い? とっつかばとっつけ | トップページ | 金の茶釜と白南天 »

2008年12月21日 (日)

カッパの怖い手紙

隠岐の昔話。

 ある男が川端を歩いていた。すると道端に婆さんが立っていた。
 八郎橋にわしのような婆さんが立っているので、この手紙を渡して下さいと婆さんが頼んだので男は承知して受けとった。
 西郷の町で用事を済ませると男は一軒寄り道した。
 家の者が引き止めたので、男は八郎橋に婆さんがいるので手紙を渡さねばならないと言って断ろうとした。
 八郎橋の方は家がないと怪しんだ家の者が手紙を見せるよういったところ、手紙の裏表、何も書いていなかった。中をあけても何もない。
 やはりそうかと家の者が手紙を水につけたところ、
 ここではまだ日があるのでとれぬ。そこでとれ。そこでとれないなら上《かみ》に渡せ。
 と文字が浮かび上がった。
 カッパに命をとられるところだったと知って男は驚き、家の者の勧めに従ってその晩は泊まって、あくる日に帰った……という話。

 ネットで別の民話を読んだが、隠岐のカッパは怖い話が多いのかもしれない。
 「島根のむかし話」は話者の語り口を活かした文だが、ここでは粗筋の紹介にとどめた。

◆大田市の河童伝説

 「ハロー!この町」という唱歌がある。「サヒメの里(三瓶山麓)」「銀山」が舞台となるので大田市と思われるが、もう一つカッパの話があった。
 それは溺れたカッパの子供を助けたところ、毎日のようにお礼の魚を持ってきてくれるようになった。ただし、決して帰る姿を見てはならないと約束して……という筋で、作中では結末が明らかにされていない。
 どんな結末だろうと思って大田市周辺の民話を収録した本をみたところ、このカッパの手紙の話が目にとまった。おそらく石見にも伝播した話なのだろう。

 「日本伝説大系 第十一巻 山陰(鳥取・島根)」(野村純一他, みずうみ書房, 1984)に「ハロー!この町」で紹介された河童の伝説が収録されていた。帰る姿をこっそり盗み見たところ、それから来なくなったというあっさりした結末であった(212P)。

◆浜田市の河童伝説

 金城町雲城の下来原に永徳寺がある、寺の下の淵はエンコウ淵と呼ばれ、昔、ここで博労(ばくろう)が馬を洗っていたところ、馬の尻尾にエンコウがついて来たので、博労とエンコウの間で争いが起こった。頭の皿の水をこぼしたエンコウは負けてしまったが、博労はエンコウに子供を取らないことを約束させて許してやった。エンコウは「シジュウカラが三羽いるときは他のエンコウが遊びに来ているから淵に入らないように」と告げた。さらに、永徳寺の和尚も石に経文を書き、この文字が消えない間は子供を取るなと言って投げたという。

浜田市金城町来原のえんこう橋
エンコウバシ
えんこう橋下の淵
えんこう橋下の淵
金城町来原のえんこう橋。永徳寺の手前にある。
浜田市金城町来原の永徳寺

◆東北でのバリエーション

盛岡タイムス
 ■〈伝承の周辺〉343 盛岡真人 「カッパの手」(原文ママ)
 こちらの記事に収録されたものは、僧侶が手紙を書き換え、カッパに狙われた娘が富を得るという筋となっている。広く全国に伝播しているようだ。

◆アニメ

 「まんが日本昔ばなし」では「かっぱにもらった宝物」というタイトルでアニメ化されていた。演出:玉井司, 文芸:沖島勲, 美術:玉井司, 作画:大西治子, 日向野徳久(未来社刊)よりとクレジットされている。
 茨城県の話で、結城の釈迦沼のほとりで妖しい子供に手紙を預かったところ、すれ違った山伏が男の死相を見てとり、カボチャの茎を採らせて茎の汁で手紙を書き換える。そして八千代の飯沼のカッパに手紙を渡すが、どうもおかしいと言いつつも宝物をくれ、無事助かったという筋となっている。
 手紙の意図を知り驚くが、引き返すと釈迦沼のカッパに見つかってしまう、先へ進まねばならないという枷があって、こちらの方が物語的に巧く出来ているかもしれない。もっとも、あっさりした結末の伝説も沢山あるので一概には言えないか。

◆参考文献

・「島根のむかし話」(島根県小・中学校国語教育研究会/編著, 日本標準, 1976)pp.166-168
・「日本伝説大系 第十一巻 山陰(鳥取・島根)」(野村純一他, みずうみ書房, 1984)pp.198-221
・「日本昔話大成 第6巻 本格昔話」(関敬吾, 角川書店, 1978)pp.31-41
・「出雲・石見の伝説 日本の伝説48」(酒井董美, 萩坂昇, 角川書店, 1980)pp.97-98.
・『日本の民話 34 石見篇 第一集第二集』(大庭良美/編, 未来社, 1978)pp.268-270.

記事を転載 →「広小路」(※一部改変あり)

 

|

« 本当は怖い? とっつかばとっつけ | トップページ | 金の茶釜と白南天 »

出雲・隠岐・鳥取」カテゴリの記事

昔話」カテゴリの記事